第4回支部独奏会 平成30年 8月25日(土)河内長野市観心寺

今回は流祖が慷月調を作曲された観心寺で開催。
午前中、地元の浦田冬山さんの案内で観心寺境内を散策。
皇室や楠木正成とゆかりの深い寺で宝物館も見学した。
昼食後、藤田紫山支部長の指揮で八千代を合奏し、その後大庭顧山顧問の指揮で
慷月調を合奏し、抽選順でそれぞれの曲を演奏した。

  1. 藤田紫山              木枯
  2. 金川康宇山             朝の海
  3. 古西輝山              木枯
  4. 松本顧楓山・稲田顧静山・渥美顧華山 風の色
  5. 松永顧雨山             神仙調短章
  6. 浜平杞山              鶴の巣籠
  7. 熊本光雨山・岡田侊雨山       遍路
  8. 松藤倖雨山             五丈原
  9. 高島峰山              つむぎ唄
  10. 髙田琮山              深山ひぐらし
  11. 砂川雪山              木枯
  12. 浦田冬山・福本峰山         紅葉
  13. 中川星伊山             木枯
  14. 大庭顧山・松永顧雨山(三絃)    明鏡

コンクール課題曲の木枯も数人あり、それぞれが自分の個性ある曲の演奏もあり、
観心寺の拝殿の風が吹き渡る中で楽しく時間を過ごした。
圧巻は松藤倖雨山さんの五丈原で、ご自身の尺八のテープをバックに『祁山悲秋の
風更けて・・・』の歌を朗々と歌われたことであった。さすがに詩吟の先生である。
また、松永顧雨山さんの三絃の演奏を初めてお聞きし、杵屋正邦作曲の難しい曲を弾き
こなしておられるのに感心した。
                             (記事 藤田紫山)